ショッピングカート
会社概要
個展予定

店長よりご挨拶

桜島
こんにちは、店長の森です。
郷土を愛し、日本を愛す
40代です。
南国鹿児島から、お勧めの
薩摩ならではの逸品と
厳選した古美術品、現代品を
ご提供しております。
どうぞごゆっくりご覧下さい。

店長日記はこちら >>

携帯ページ

HOME»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

心柔らかく、焦らず

新年おめでとうございます。
戊戌の年となりました。

実店舗は昨日から営業しております。
福袋も用意し、釜をかけ
ただ「買って終わり」ではない商いを
今後も大切にしていきたいと思います。

正月休みは元旦のみなので、
初詣に行きとりあえずおみくじをひくのですが、
今年は末吉でした。
数日もすればそのような事は忘れるのですが、
今年は自分への言葉と思われるようなことが
書いてあったので写真に撮りました。

春くれば 花ぞさくなる 木の葉みな
ちりてあとなき 山のこずえに

他人(ひと)と心通せずあらそいが起こります。
なるべく自分の心をやわらかにして交際なさい。
次第次第に運がひらけて幸が増します。
あせってはいけません。


「心をやわらかく」「あせってはいけない」
肝に命じたいと思います。

今日は親子でお茶を飲みにいらっしゃって、
幼稚園のお嬢さんは「茶道」の時間が
園であるらしく、そういうお子さんから
「美味しい」とおかわりして、二服も
飲んでいただいたのは嬉しかったです。
子供は素直ですから・・・。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018-01-03 16:39:27

今年も有難うございました

丁酉の年も明日まで。
大晦日は18:00までの営業となります。

こちらも更新が滞ってしまい申し訳ございません。
書きたいことは沢山あるのですが、
世情への意見ばかりになりそうなので
「書いても致し方なし」とついつい・・・。

来年の大河ドラマは「篤姫」以来の鹿児島が
舞台となる「西郷どん」となり、否が応でも
色んな話が聞こえてきます。

なるほど大河ドラマで地元の偉人が
取り上げられれば、観光で潤うというのは
あるでしょうが、今は偉人の紹介より
経済優先となってる気がしております。

西郷さんは「子孫のために美田を買わず」という故事を
大事にしていた由。
そう考えると経済優先でいいのか甚だ疑問です。
維新150年という節目の年だから
しょうがないのでしょうかね。
私的には宝暦治水事件等を取り上げて欲しいですけど。


最近、上記大河ドラマで時代考証をなさる
磯田道史さんの本を読みました。
「武士の家計簿」等で著名な方ですね。
磯田さん曰く、
『(日本の)経済の世界シェア=量が低下するならば、
質を高めるしかなかろう。小国化しても良質の「価値」
を保つ国のあり方を研究せねばならない』
まさしく正鵠を射たご意見だと感じました。

官製相場と言われる株価、好景気を煽り
消費税を10%にしたい思惑が見える政府。
大企業は恩恵を受けているのでしょうが、
中間層がぽっかりなくなりつつあるので
消費は低迷のまま。

子供は大企業に就職させたい、その為には
塾に行かせいい大学に入れたい。
経済格差は教育格差となるので、結婚しても
今度は教育にお金がかかるので結婚しない、
それが少子化を益々加速させております。

自然人口増減が年に40万人減となり、
日本の経済的な峠はとっくに過ぎました。

日本には資源がありません。
良質の価値を「創る」のは人間です。

良質な価値とはそれがわかる人間を
幸せにすること。

人を幸せにする人間は、金では育たない。
このことを西郷さんは達観して
先ほどの故事を好んだのでしょう。

本当に学ぶべき事を気付いて欲しい
戊戌の年になればいいですね。

年末にくどくどと失礼いたしました。
お寒い日が続きますが、
どうぞよいお年をお迎えください。

 

2017-12-30 11:21:31

個展終了

昨夕で七回目となる西岡先生の
個展が終了しました。

今回は知人のご協力もあって
地元新聞紙の「かお」という記事に
西岡先生を掲載させてもらいました。

西岡先生新聞記事

そのおかげもあって、今まで弊店に足を運んでいただいたことのない
方までいらっしゃって下さいました。

弊店の記事も出たのですが、それは割愛で・・・。

今回は西岡先生は一泊なさって、夕食をご相伴させていただき、
色んなお話を伺い、勉強させてもらいました。

今は個展の余韻に浸ながら、学んだことを今後に活かしたく
思います。

 

2017-11-15 10:12:32

久々の更新で申し訳ございません

4か月の間が空き申し訳ございません。

株価高値、衆院選挙、トランプ大統領来日と
慌ただしい世情ですが、この国の
国際競争力は明らかに低下しつつあるのでは・・
と思います。

東芝、シャープ、神戸製鋼等も私がかつて知っていた
企業のイメージは変わってしまいました。

そして少子高齢化、先行き不安のための消費低迷、
ITにとって代わる失業と明るい未来の要素は
何もないといっても過言ではない気がします。

上記企業のように「かつて知っていた日本」も
無くなってしまう感が否めません。

それでも「遺したいもの」を作ることができる作家の
個展が明後日より始まります。
西岡良弘作陶展・・・弊廊では7度目となります。
今年は一泊して頂くのでお話がとても楽しみです。




 

2017-11-06 10:13:33

TOKYOだけじゃない

前回の更新から久しく開いてしまいました。
世情の変転は絶えることなく、何を見ても
あまり心の琴線に触れ考えさせられることは
私にとっては少ないようです。

先ほど、ACジャパンの全国キャンペーンのCMを見ました。
『TOKYOだけじゃない』というタイトルで、

「自分が暮らしている土地を愛し、自分の仕事に信念と誇りを持って生きる。
そんな人たちがつくるものは、日本の風景のように、繊細で、大胆で、美しい」

というものでした。

信念と誇り、そして気概を持つ。
そういう人が、風景を守ると同時に
植林も出来る人だと思います。

2017-07-05 13:09:51

和楽

『和楽』という雑誌の4・5月号は
「茶の湯レボリューション」と題した、
茶の湯の特集号でした。

87~90ページに西岡先生の
茶碗が載っており、特に87ページは
表紙の熊川茶碗と同じような構図で
大きく撮られていて、私も嬉しく思いました。

 

2017-03-13 10:35:02

答えは歴史にある

新春以来、さらには睦月も終わる間近の更新となってしまい、
申し訳ございません。

プレミアムフライデーとかで、
消費が上向くとは思いませんが、
250社ほどが実施らしいです。
来月の末とかどうなるのでしょうか。

ニュースでは金正男毒殺のニュースばかりで、
日本にミサイルを向けている国の内情をそんなに
流す必要があるのかと甚だ疑問です。

日本でも兄弟を殺害する歴史は数多あります。
頼朝、信長、政宗等。
権力や保身がほとんどでしょうが、
まずそこから学ぶことが肝要ではないでしょうか。

 

2017-02-24 19:24:46

今年もよろしくお願いいたします

丁酉となり、弊店も今日より始動です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

地元のデパートやここマルヤガーデンズも
初商の福袋目当てなのか、沢山の人が並んでおりました。
これも正月という「コト消費」にあたるのでしょうか。
私などは「働く」「休む」はメリハリがあった方がいいような気がしますが、
悲しいかな体が慣れてしまい、仕事を始めたら
正月とは思えない体質になった感があります。

何はともあれ今年も無病息災で頑張りたいと思います。


 

2017-01-02 19:42:10

今年も有難うございました

丙申年も今日まで。

今年は同じ館内とはいえ移店、茶室も併設でした
店舗となり、そういう過程を得たという意味では自身を
高めることが出来た年だったと思います。

そして世の中のうねりの中、「日本とは、人間とは」等も
よく考えるようになりました。
来日したムヒカさんの言葉
「便利になる反面、人間が弱くなる。先進国ほど幸せとはなんだと
考えるようになった」というのは当たっているような気がします。


ここ数年、大晦日まで営業していて、
よく独服(1人で抹茶を飲む)するのですが、
ゆく年くる年を、そして自分もまた歳をとり、
(人間誰しもですが)確実に死に近づいていることが
「寂」なことを感じながら飲む時間は
何とも言えないものがあります。

明けては二日からの営業です。
福袋用意します(抹茶付)。
是非遊びにいらして下さい。

今年も本当に有難うございました。





 

2016-12-31 10:52:04

ツケ

米国大統領選挙でトランプ氏が選ばれました。
英国のEU離脱にはじまったナショナリズム偏重は
米国にも波及したようです。

同じ海洋国家としての日本も後手後手で動くのではなく、
融通無碍な国家運営の出来る「主権国家」たれと願い、
またそれが出来る為政者が現れてほしいものです。

理系ばかりを重要視し、国立大学の文系廃止が叫ばれる中、
私は人文・社会科学系こそ大事にせねばならないと
改めて感じました。

世界は何処へ向かうのか、人間にとっての本当の幸せとは何か、
科学・精密機器等の日進月歩は凄いものがありますが、
「急いで前に進もうとする」ツケは既に来ているのではなでしょうか。
 
 

2016-11-10 11:13:52

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5