×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  店長日記»  今年も有難うございました

今年も有難うございました

今年も有難うございました

丁酉の年も明日まで。
大晦日は18:00までの営業となります。

こちらも更新が滞ってしまい申し訳ございません。
書きたいことは沢山あるのですが、
世情への意見ばかりになりそうなので
「書いても致し方なし」とついつい・・・。

来年の大河ドラマは「篤姫」以来の鹿児島が
舞台となる「西郷どん」となり、否が応でも
色んな話が聞こえてきます。

なるほど大河ドラマで地元の偉人が
取り上げられれば、観光で潤うというのは
あるでしょうが、今は偉人の紹介より
経済優先となってる気がしております。

西郷さんは「子孫のために美田を買わず」という故事を
大事にしていた由。
そう考えると経済優先でいいのか甚だ疑問です。
維新150年という節目の年だから
しょうがないのでしょうかね。
私的には宝暦治水事件等を取り上げて欲しいですけど。


最近、上記大河ドラマで時代考証をなさる
磯田道史さんの本を読みました。
「武士の家計簿」等で著名な方ですね。
磯田さん曰く、
『(日本の)経済の世界シェア=量が低下するならば、
質を高めるしかなかろう。小国化しても良質の「価値」
を保つ国のあり方を研究せねばならない』
まさしく正鵠を射たご意見だと感じました。

官製相場と言われる株価、好景気を煽り
消費税を10%にしたい思惑が見える政府。
大企業は恩恵を受けているのでしょうが、
中間層がぽっかりなくなりつつあるので
消費は低迷のまま。

子供は大企業に就職させたい、その為には
塾に行かせいい大学に入れたい。
経済格差は教育格差となるので、結婚しても
今度は教育にお金がかかるので結婚しない、
それが少子化を益々加速させております。

自然人口増減が年に40万人減となり、
日本の経済的な峠はとっくに過ぎました。

日本には資源がありません。
良質の価値を「創る」のは人間です。

良質な価値とはそれがわかる人間を
幸せにすること。

人を幸せにする人間は、金では育たない。
このことを西郷さんは達観して
先ほどの故事を好んだのでしょう。

本当に学ぶべき事を気付いて欲しい
戊戌の年になればいいですね。

年末にくどくどと失礼いたしました。
お寒い日が続きますが、
どうぞよいお年をお迎えください。

 

2017-12-30 11:21:31

店長日記